ブログ

2017.06.19

やめたいのに…それって中毒ですよ!

なぜ小麦粉がダメなのか?
グルテンフリーが叫ばれますが、なぜだめなのか?

リーキーガット症候群と呼ばれる症状で
腸が穴だらけになるという
ちょっと怖いような症状です。

そうすると、腸から栄養を吸収するはずの機能はマヒして
アレルギーを引き起こしたり栄養を吸収できなかったり
腸壁のバリア機能が低下していらない物や毒素が血液中に
どんどんどんどん入り込んでしまうという…
その症状を引き起こす食べ物というのが小麦粉!
後は牛乳やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品ですね!

毎日パンと牛乳!

と言う事は、毎日グルテンとカゼインを摂り続けることで
腸壁に穴をあけてしまいストレスをかけてアレルギーになっていく!
この場合、じんましんやすぐに症状に出るというより、集中力がない、疲れやすい
なんて感じで自分はアレルギーだと気づかないと思ってしまうんですよね!
私は子供のころから牛乳が大好きでお水のように1日1Lは平気で飲んでました。
そして14歳の時にひどい花粉症を発症したんですね!そのころ30年以上前、まだ誰も花粉症なんて知らない頃
白目がはれ上がり、ひどい鼻水と肌荒れ、集中力の低下に眠気…
見かねた先生がその時有名だった先生を紹介してくれました。

病気だと思っていなかったので、でも辛かったので診察を受けてみると
まあ、ひどいアレルギー!!

それでもそこから30年近くアレルギーに悩まされるわけですね。
牛乳や小麦粉が関係してるかもなんて全く知らないわけなので
パン大好き、乳製品大好きな私はひたすら食べてました。

牛乳を完全に飲まなくなったのはここ数年なんです。
そうすると、それと同じくして花粉症を発症しなくなりました。

それまでは毎年注射して、薬漬けで3か月以上死んだような生活してたんですが!
春が一番大嫌いな季節でした。でも今ではマスクも眼鏡すらもいらない生活!

知ってると知らないとでは全然違うんだなぁと無知という事の怖さを知りました。

一度自分の食生活、変えてみませんか?
そうすることで気づくことはたくさんあります。
そんなのやめられない!というのならそれは紛れもなく中毒です。
言い方を変えると、物が違うだけで逮捕される野球選手なんかと同じ症状です。

自分の体は自分が一番知ってる、なんていうけれど
自分の体を一番痛めつけるのも自分なんですよ。
糖尿の人が、糖分ダメなのにやめられない
脳っておおばかなんですよ(笑)
それはまた次にお話ししますね!
やめたいけれどやめられない…
そんな症状があれば、一度自分の食生活など見直して!